借地権とは

借地権とは一体何でしょう?物には所有者がいます。
ペンだろうが本だろうが土地だろうがお金を支払って購入したらその所有者は購入したあなたです。
土地のおおくにも所有者がいます。
借地権はその土地に対して建物の利用を目的で地代を支払って借りることをさします。
また広く一般的には貸借権でもあり、借家や賃貸にはその貸借権が含まれていることが多くあります。
借地権には、貸借権、地上権、永小作権、地役権、使用借権などのいくつかの種類により分類されています。

借地権には、成立するための要件を満たす必要があります。
その要件とは1つが、賃貸借契約を締結していること、2つが、固定資産税もしくは都市計画税以上の地代を支払っていることです。
この2つを満たして借地権が認められるので、例えば、月極駐車場などのように建物がなく場所を貸借している場合や他人の土地を無償で借りて建物を建てた場合は借地権は発生しないのです。

借地権を持っている人からすると、建物は自分のもの、しかしその下の基盤すなわち土地は第三者から借りているということになります。
土地所有していて貸している人に取ってみると貸した土地は半永久的にかえってこないので、そこに住みたくなったら困る気はします。
しかし、その分貸借料が発生しますね。
よく地主はお金持ちという話を聞きますが、不労所得が入るからというわけです。
マンションを借りるとき、戸建を建てる時など、注意してみてみると、借地権について記載がある場合がありますよ。



≪特選サイト≫
複雑な借地権の相続問題について専門家が対応してくれるサイトです → 借地権 相続問題

Copyright © 2014 借地権とは? All Rights Reserved.